アメリカ マサチューセッツ州ケンブリッジ市で小学校入学手続き コロナの影響で通えず(涙)

アメリカ
スポンサーリンク

我が家は2/28に成田からボストンに家族で来ました。

前日の2/27には安倍首相が学校に臨時休校を要請する考えを発表するなど、日に日に新型コロナウイルスの影響が拡大し不安な中、予定通り夫がMITの客員研究員として参加するため5月末までボストンに滞在するつもりで来ました。

しかし日本と同様アメリカも新型コロナウイルスの影響が拡大しています。

3/13にはアメリカは非常事態宣言を発表しましたね。

その影響で、夫の大学は完全にオンライン授業となり、小1の息子が通うはずの現地公立小学校も3/27まで休校になりました(涙)

ちなみに息子の小学校入学手続き自体はスムーズに出来、英語初級クラスがある小学校に配属されましたが、日本から来たということで2週間の自宅待機を要請されていた中で休校が決まったので、1日も通っていません。

息子はこっちに知り合いがいないので遊び相手が家族しかおらず、退屈そう。

早くアメリカの学校に行って友達と遊びたいと、前向きです。

日本にいても学校は休校なので、残念ですがしょうがないですね…

今はアメリカで日々子供とどう過ごすかが課題です。

私はアメリカで暮らすのは初めてだし英語もあまり出来ないので、異国で子供を抱えてどう非常事態を乗り切るか不安です(・・;)

子供には、楽しく穏やかに過ごしてほしい。

学校もない、公園も思いっきり遊べない中で、部屋のテレビをフル活用で見てしまってます(^◇^;)

日本からワークを何冊か持ってきてますが、前回の記事で書いたとおりお部屋のトラブルでバタバタしていたのもあって、あまり息子のワークを見てあげられていない状態が続いてます(・・;)

先週の金曜日に、休校中にする宿題のみ学校に取りにいきました。

クラスの先生が4冊もコピーしてくれたワーク。ただただありがたい。

ABCから始まりクロスワードなど初歩的で楽しいワーク。思っていたより簡単そうで拍子抜け。

まだ詳細は来ていないけど、小学校もオンライン授業があるみたいです。

また、アメリカの小学校は朝食と昼食の給食があるので、今回の休校で、学校の給食のみに栄養を頼っている家庭向けに、平日食べ物を配る準備を進めてるとか。

学校は勉強だけでなく、子供を育てる施設の役割があるのですね。

教育委員会から毎日のようにEメールで新着状況が来ますが、子供たちを思う気持ちがとても伝わります。

学校の休校期間については、市によって違うみたいです。

我が家はケンブリッジ市に住んでいて、ケンブリッジ市は今のところ最初は3/27まで休校と言われましたが、今日ケンブリッジ市の教育委員会からのEメールで4/7まで延びたと連絡がありました。

毎日状況が変わっていきます。

お隣のボストン市は4/27まで休校みたいです。

このままだと、息子はアメリカの小学校に通えないまま帰国するかも。

夫を置いて今すぐ日本に帰国したい気持ちもあるし、家族が離れ離れになるのは嫌だとも思う。

とりあえず明日からまた平日。

夫の大学はオンライン授業に切り替わったけど、大学自体は空いているらしく、日中は大学に行くみたい。

私は子供たちとテレビやワークや散歩で楽しくやり過ごしたいと思います。

私は不安な気持ちがあるけど、子供には楽しく過ごしてほしいから伝染しないよう気をつけなきゃ!

※トップのスクールバスの写真は、ボストンに来てすぐに街中で見かけて、息子もこのバスに乗って学校に通うんだなぁと胸をワクワクさせて撮った写真です。

タイトルとURLをコピーしました